きもので挙式衣裳

白無垢

白無垢

神仏の前に身も心も無垢である証 ・清浄な心・最高に美しい姿を表します。本物のシルクだから、絹本来の自然な色と輝きが、花嫁をやさしく包み込み、絹のここちよい軽さがほほえみを引き出し、日本の美しい借景の中で本物の美をかもし出します。

色打掛

色打掛

花嫁に交わることから結婚による朱に交わるとされ、お色直しとして多く使われている角隠しをすると式にも使用できる。

引き振袖

引き振袖

黒引き振袖は江戸時代後半、上流婦人の礼装が花嫁衣装として現代に伝わっているのです。きものを重ねてきる事がより正装になるという日本独自美意識があり、元々は白・赤・黒の三枚かさねの五つ紋付でした。 大正・昭和の花嫁の第一礼装として着用され、現代では襟元と裾にのぞく比翼がこの着方の名残となり、平成の今、新しくよみがえりました。

式服

引き振袖金刺縫五つ紋入り式服(白無垢)丹後の最高級品の絹糸で織り、神社紋や寺院紋を刺繍してあります。歴史ある日本の「神社」や「寺院」での結婚式に、価値ある式服を提案いたします。

十二単 衣冠・束帯

十二単 衣冠・束帯

憧れの本格草木染十二単と束帯。 晴れの輝いた舞台だからこそ和伝統文化芸術の最高作品「十二単」を着て艶やかに。

きもので挙式鹿児島へお気軽にお問い合わせください。099-222-5416 営業時間10:00〜19:00 水曜定休日

Copyright (c) きもので挙式鹿児島 All Rights Reserved.

〒892-0823 鹿児島県鹿児島市住吉町7-11
電話:099-222-5416 FAX:099-225-9887