十二単 衣冠・束帯

ki_junihitoe.jpg

憧れの本格草木染十二単と束帯。

晴れの輝いた舞台だからこそ和伝統文化芸術の最高作品「十二単」を着て艶やかに。

女房装束唐衣裳(十二単)

宮中での女子の正装として平安時代から現代に至るまで用いられている。
きものの歴史のなかで、もっとも粋を極めた衣裳であり、一生に一度は身につけてほしいと、写真プランも提案させていただいてる。

 

衣冠、束帯

束帯に準ずる略礼装とされ、宿直衣ともいわれていて、夜の装束だったが、昼も使用されるようになり、準正装の扱いになり、衣冠単の名称も生まれた。十二単と共に写真プランなども提案させていただいている。

きもので挙式鹿児島へお気軽にお問い合わせください。099-222-5416 営業時間10:00〜19:00 水曜定休日

Copyright (c) きもので挙式鹿児島 All Rights Reserved.

〒892-0823 鹿児島県鹿児島市住吉町7-11
電話:099-222-5416 FAX:099-225-9887